家事事件

家事事件について

行方不明者を法律上死亡とみなす審判の方法

行方不明者を法律上死亡とみなす審判方法は「民法」が深く関係しています。民法には失踪宣言の制度について詳細な記載があります。民法には死んだ事が確認できなくても、死んだものとみなす制度があります。人の権利能力は死んだことによって消滅します。人が死ぬと相続が開始されて、その人の権利義務は相続人に引き継がれます。失踪の宣告は生死不明の一般についてなされる普通失踪と戦争や船舶の沈没その他の死亡原因となるべき危難に遭遇した者の生死が不明である時になされる特別失踪とがあります。失踪に関する宣告の要件と効果は次の通りです。失踪者の生死が一定期間不明であること。一定期間とは普通失踪であれば7年以上、特別失踪であれば危難が去った後の1年以上を言います。また利害関係人から家庭裁判所に失踪宣告の請求が必要となります。このような要件が整うと効果が発生します。失踪者は死んだものとみなされるのです。民法は行政書士試験で得点源にしておくと良いです。東京都が運営する都営地下鉄の沿線には複数の私立大学があります。これらの私立大学では低廉な学費で学べる通信教育を実施しています。民法をはじめとした法律も大学の通信教育課程で学べます。

コメントを受け付けておりません。