家事事件

家事事件について

行方不明者に関する審判の方法

家事事件で取り扱われる事件の中には行方不明者に関する事があります。行方不明になっている人に財産があると分かっている場合には、不在者管理人の選任が行われます。不在者管理人とは、行方不明者の財産を管理することが出来る人になります。長年連絡がつかない場合や安否確認が取れない場合なども財産に関して管理する義務を持つことができます。財産をどの様に処分するのかということを決める権利を持つのが、不在者管理人です。主に弁護士などの専門職の方が選任されます。なぜなら、不在者との利害関係を抜きにして法的に判断することが出来るからです。不在者管理人になるのに必要な資格は特にありませんが、不在者に関係する配偶者や身内の方を保護出来る立場にある方や適性を考慮した上で選任されるのが望ましいとされています。まず、申し立てを行言います。不在者が長期で連絡がつかない場合に申立人と呼ばれる配偶者や検察官が家庭裁判所で手続きを行います。それにより、不在者管理人が選任される審判が行われます。そこで選任された不在者管理人が今後の行方不明者が所有していた財産をすべて管理します。手続きを行うには費用として八〇〇円がかかります。それにより手続きが完了します。

コメントを受け付けておりません。