家事事件

家事事件について

年金分割の割合を決める審判の方法

平成19年から離婚時年金分割制度が施行されています。これは、離婚する夫婦間の年金額を当事者間の話し合いによって決められた割合で分割する制度です。離婚時における年金分割には、合意分割制度と3号分割制度の2種類が用意されています。このうちの3号分割制度の方は平成20年4月1日以降の厚生年金もしくは共済年金の標準報酬を自動的に2分の1ずつに分けるという制度ですので、当事者間で特別に話し合いをする必要がありません。ただし、それは夫婦の一方が第3号被保険者である場合のみです。夫婦双方が第2号被保険者である場合や、平成20年3月以前の標準報酬分割については自動的に2分の1ずつ分けられることになっていませんので、夫婦間で話し合って、按分割合を決める必要があります。この協議がまとまらない場合や、何らかの事情によって話し合いをすることができない場合には、家庭裁判所に対して審判または調停の申し立てをすることができます。審判の場合を例に説明をすると、まず審判の申し立ては離婚した翌日から2年以内にしなくてはならないことになっています。また、申し立ての際には、審判申立書とその写し1通、年金分割のための情報通知書、規定の金額の収入印紙及び切手を家庭裁判所に提出する必要があります。家庭裁判所では、相手方の意見も聴いた上で、按分割合を決定する審判を行ないます。

コメントを受け付けておりません。