家事事件

家事事件について

保護者選任に関する審判の方法

保護者選任とは、他者に対して罪を犯した犯罪者が心神喪失状態であるということが裁判所に認められた場合に適応される法律です。その場合は、犯罪を犯した者の保護者が被告人の代わりに法廷で弁論を行います。保護者として選任されますのは、被告人に対しての直系の血族である両親やその兄弟になります。選任されました、保護者は裁判所に度々出向いて被告人に代わり弁論を行う事になります。それはあくまでも、被告人が心神喪失状態であると認められた場合のみです。保護者が被告人に対して申し立てを行う場合は、それに必要な手続きを取らなければなりません。その際に、費用として収入印紙で1,600円の支払いを行わなければならない取り決めになっています。審判は法廷で速やかに行われますが、その内容は被告人の保護者であります申立人の証言にかかっていると言いましても過言ではありません。ですから、審判は申立人が重要な鍵を握ります。公平な立場のもとで行われますが、現在の陪審員制度によりますところ一般市民の意見も審判の席では重要な鍵を握ることとなります。このように、被告人に代わり保護者は被告人の席で重要な役割を担います。全ては、法の下で裁かれます。

コメントを受け付けておりません。