家事事件

家事事件について

年金分割の割合を決める審判の方法 年金分割の割合を決める審判の方法 はコメントを受け付けていません。

平成19年から離婚時年金分割制度が施行されています。これは、離婚する夫婦間の年金額を当事者間の話し合いによって決められた割合で分割する制度です。離婚時における年金分割には、合意分割制度と3号分割制度の2種類が用意されています。このうちの3号分割制度の方は平成20年4月1日以降の厚生年金もしくは共済年金の標準報酬を自動的に2分の1ずつに分けるという制度ですので、当事者間で特別に話し合いをする必要がありません。ただし、それは夫婦の一方が第3号被保険者である場合のみです。夫婦双方が第2号被保険者である場合や、平成20年3月以前の標準報酬分割については自動的に2分の1ずつ分けられることになっていませんので、夫婦間で話し合って、按分割合を決める必要があります。この協議がまとまらない場合や、何らかの事情によって話し合いをすることができない場合には、家庭裁判所に対して審判または調停の申し立てをすることができます。審判の場合を例に説明をすると、まず審判の申し立ては離婚した翌日から2年以内にしなくてはならないことになっています。また、申し立ての際には、審判申立書とその写し1通、年金分割のための情報通知書、規定の金額の収入印紙及び切手を家庭裁判所に提出する必要があります。家庭裁判所では、相手方の意見も聴いた上で、按分割合を決定する審判を行ないます。

戸籍上の氏名や性別の変更などの関する審理 戸籍上の氏名や性別の変更などの関する審理 はコメントを受け付けていません。

何らかの事情により、戸籍上の氏名や性別などを変更するためには、家庭裁判所に申し立てを行い、許可を受けなければなりません。例としては、両親の離婚後、子どもの氏を親権者の氏に変更する必要がある場合や、また氏のせいで社会生活において著しい支障をきたすなど、やむを得ない理由がある場合に限り、氏を変更する「氏の変更許可」、氏の変更と同様に、正当な理由があると認められる場合に限り名を変更する「名の変更許可」、戸籍の記載に誤りがある場合にこれを訂正する「戸籍訂正許可」、そして性同一性障害の診断のもとに戸籍上の性別を変更する「性別の取り扱いの変更」などがあります。それぞれの手続きとしては、認められた申立人が、各住所地や戸籍がある地などの、それぞれに定められた家庭裁判所に、必要な書類や費用を用意の上で申し立てを行うことにより、裁判所での審理が始まります。申し立て後、ほとんどの場合で裁判所からの呼出がありますので、指定の日時に裁判所に出向き、聞き取り調査などを受ける必要があります。またこれらの変更の許可を得るには、それぞれ必要な要件を満たしていることが求められますので、審理の結果、裁判所から変更を認められない場合もあります。

保護者の扶養義務について設定する審判の方法 保護者の扶養義務について設定する審判の方法 はコメントを受け付けていません。

保護者を何らかの理由で扶養義務について設定する審判を行わなければならない時、扶養義務の設定を行う為には、裁判所に申立てを行う必要があります。
心神喪失の状態で重大な互い行為を行った者の医療や観察等に関する法律が存在するので、それにより扶養義務者から保護する人を選任し、選任された保護する人は医療観察法に基づく手続きを行い、裁判期日に出席を行ったり、退院許可の申立てなどを行ったりする事になります。
後見人や保佐人、配偶者や親権者が存在する場合には、これらの人々が保護者に優先されますから、家庭裁判所による保護者の選任というのは必要がなくなります。
これらの者がいない場合や、これらの人々が保護する人としての権限を行う事ができない状態の場合に、他の扶養義務者の中からの選任をする事が必要になります。
尚、申立先は対象者が住んでいる土地の家庭裁判所となり、必要になる費用については、収入印紙800円分と連絡用の郵便切手です。
書類に関しては必要書類が数点あり、申立書や標準的な申立添付書類、事件本人の戸籍謄本等となります。
ちなみにこれらについては各1通で済みますが、十分な用意を行った上で審判をしてもらうように準備を行う必要があります。

保護者選任に関する審判の方法 保護者選任に関する審判の方法 はコメントを受け付けていません。

保護者選任とは、他者に対して罪を犯した犯罪者が心神喪失状態であるということが裁判所に認められた場合に適応される法律です。その場合は、犯罪を犯した者の保護者が被告人の代わりに法廷で弁論を行います。保護者として選任されますのは、被告人に対しての直系の血族である両親やその兄弟になります。選任されました、保護者は裁判所に度々出向いて被告人に代わり弁論を行う事になります。それはあくまでも、被告人が心神喪失状態であると認められた場合のみです。保護者が被告人に対して申し立てを行う場合は、それに必要な手続きを取らなければなりません。その際に、費用として収入印紙で1,600円の支払いを行わなければならない取り決めになっています。審判は法廷で速やかに行われますが、その内容は被告人の保護者であります申立人の証言にかかっていると言いましても過言ではありません。ですから、審判は申立人が重要な鍵を握ります。公平な立場のもとで行われますが、現在の陪審員制度によりますところ一般市民の意見も審判の席では重要な鍵を握ることとなります。このように、被告人に代わり保護者は被告人の席で重要な役割を担います。全ては、法の下で裁かれます。

相続に関する審理 相続に関する審理 はコメントを受け付けていません。

財産を持っている人が亡くなった場合、法律で定められた基準に基づき相続人を決定します。しかし、親族がいないなどの理由で、相続人の存在が明らかでない場合があります。また、相続権のある親族がいても、相続放棄をしている場合もあります。このような場合、家庭裁判所では申し立てによって、財産管理人を選びます。申し立てができる人は、故人と利害関係があった人または検察官です。故人と利害関係があった人とは、例えば故人にお金を貸しており、その返済がなされていない人などのことを指します。この他にも、特別縁故者などが該当し、弁護士や司法書士などが選定されることもあります。そして、このような人が申し立てを行う場合、その家庭裁判所の場所は、故人が最後に住民票を置いていた住所地を管轄している家庭裁判所になります。申し立てを行い、財産管理人が選定されれば、故人の債務などを清算します。そして、残った財産は国庫に返還することになります。とはいえ、ボランティアではないので、財産管理人には報酬が支払われます。報酬は、故人の財産から支払われるのが一般的です。また、申し立てには故人との利害関係が分かる書類や、相続人の有無を調べるための戸籍などが必要です。

親子に関する審理 親子に関する審理 はコメントを受け付けていません。

家庭裁判所で行う審理の中に、未成年者後見人についての審理があります。
未成年者に対し親権を持つ者が居ない場合、もしくは親権を持つ者が財産管理の権限がない場合に、契約などの法定代理人になり、看護教育を行ったり財産管理を行ったりする人のことを未成年後見人と言います。こうした制度が未成年後見制度です。具体的には親権者が死亡した場合などに、こうした制度が必要となってきます。
未成年後見人への報酬は、家庭裁判所が金額を決定し、未成年者の財産から報酬が支払われることになります。その判断基準は未成年者の財産額や、未成年後見人として働いた期間などさまざまな見地から検討されます。
また、親子に関するもののなかでは、養子縁組を解消する場合がありますが、そのなかに死後離縁許可というものが存在します。養子縁組を行っている場合、一方が死亡した場合に死亡した者と離縁したい場合は、家庭裁判所で許可を得る必要があるのです。申し立てに必要な費用は、800円となっています。もし死後離縁をした場合でも、一旦発生した相続が取り消されてしまうことはなく、亡くなった養親の相続人としての地位はそのままとなります。ただ、養親の親族間での相続権は発生しなくなりますので、注意しましょう。

行方不明者を法律上死亡とみなす審判の方法 行方不明者を法律上死亡とみなす審判の方法 はコメントを受け付けていません。

行方不明者を法律上死亡とみなす審判方法は「民法」が深く関係しています。民法には失踪宣言の制度について詳細な記載があります。民法には死んだ事が確認できなくても、死んだものとみなす制度があります。人の権利能力は死んだことによって消滅します。人が死ぬと相続が開始されて、その人の権利義務は相続人に引き継がれます。失踪の宣告は生死不明の一般についてなされる普通失踪と戦争や船舶の沈没その他の死亡原因となるべき危難に遭遇した者の生死が不明である時になされる特別失踪とがあります。失踪に関する宣告の要件と効果は次の通りです。失踪者の生死が一定期間不明であること。一定期間とは普通失踪であれば7年以上、特別失踪であれば危難が去った後の1年以上を言います。また利害関係人から家庭裁判所に失踪宣告の請求が必要となります。このような要件が整うと効果が発生します。失踪者は死んだものとみなされるのです。民法は行政書士試験で得点源にしておくと良いです。東京都が運営する都営地下鉄の沿線には複数の私立大学があります。これらの私立大学では低廉な学費で学べる通信教育を実施しています。民法をはじめとした法律も大学の通信教育課程で学べます。

行方不明者に関する審判の方法 行方不明者に関する審判の方法 はコメントを受け付けていません。

家事事件で取り扱われる事件の中には行方不明者に関する事があります。行方不明になっている人に財産があると分かっている場合には、不在者管理人の選任が行われます。不在者管理人とは、行方不明者の財産を管理することが出来る人になります。長年連絡がつかない場合や安否確認が取れない場合なども財産に関して管理する義務を持つことができます。財産をどの様に処分するのかということを決める権利を持つのが、不在者管理人です。主に弁護士などの専門職の方が選任されます。なぜなら、不在者との利害関係を抜きにして法的に判断することが出来るからです。不在者管理人になるのに必要な資格は特にありませんが、不在者に関係する配偶者や身内の方を保護出来る立場にある方や適性を考慮した上で選任されるのが望ましいとされています。まず、申し立てを行言います。不在者が長期で連絡がつかない場合に申立人と呼ばれる配偶者や検察官が家庭裁判所で手続きを行います。それにより、不在者管理人が選任される審判が行われます。そこで選任された不在者管理人が今後の行方不明者が所有していた財産をすべて管理します。手続きを行うには費用として八〇〇円がかかります。それにより手続きが完了します。

成年後見制度に関する審理 成年後見制度に関する審理 はコメントを受け付けていません。

民法において、成年後見人という制度があります。これは、物事の審理を認識する能力が著しく欠ける常態にある人を親などがサポートし、財産管理等をする人を設ける制度です。管理・保護する人を後見人、管理・保護される人を被後見人と言います。
手続きは、家庭裁判所に後見開始の審判を申請し、審理が認められたら、後見開始となります。この手続きを経なければ、法的に後見人とは認められません。この家庭裁判所による審理は、被後見人の了承がなければ審理することはできません。後見人となる人物の不正や被後見人の財産が不当に搾取されるなど、制度の悪用を避ける狙いもあります。
後見開始が認められると、被後見人が後見人の同意を得ずに取引した商取引や法的手続き等は、無効となります。不動産などの高額な財産を安易に処分してしうことの無いよう、被後見人を保護することになります。
後見制度の他、同様に保護するべき対象として、保佐人、補助人、未成年後見制度などの制度もあります。保佐人・被保佐人、補助人・被補助人に認められる法律的行為は後見制度とは若干異なりますので、該当すると思われる場合は、ネット等でまず調べて、弁護士さんなどに相談するといいでしょう。