家事事件

家事事件について

裁判所でできる家事事件の審判

子供07裁判所では家事事件を取り扱うこともあります。どのような事件かといいますと、家庭内で起こる紛争や親族間でおきた様々な問題などです。それには、感情的な論争が絡んできてデリケートな問題でもありますので裁判所では非公開で行われます。主に家庭裁判所で取り扱われます。家庭裁判所では手続きを利用しやすいようにと家事手続き案内を行っているということです。以前は家庭裁判所で裁判に関する内容の相談も行っていましたが、現在では事務手続きのみの案内となっています。裁判内容の相談に関しましては別途、弁護士に相談するか司法書士に相談するなどがあります。それから、地域の市役所で行われています、法律無料相談会などを活用するという方法もあります。ですから、実際に審判が行われる場合は個人で弁護士に依頼するという形をとる場合もあります。家庭裁判所が行う審判は、家族間の感情問題を紐解いていって、双方の立件の下で法律で定められた基準をもとに冷静な判断が下されます。それにより慰謝料請求などが認められた場合は速やかに支払い義務が生じるということになります。主に離婚問題ですとか、親権問題ですとか、遺産相続問題なども家庭裁判所の管轄になります。